Circulation - Camera

Since 2017-05-01

ビール備忘録 その56 〜Asahiと京都醸造と〜

こんにちは、Circulation - Cameraです。今回もビール記事にしちゃいました。4月になってからあまり撮影にいけていなくて💦

前回はアメリカンなビールが中心でしたので今回は日本のビールの備忘録を載せておきます。一応写真ブログなので写真は自分なりに丁寧に撮ったつもりです ^^;

それではよろしくお願いしま〜す。

tatsumo77.hatenablog.com

 

~Asahi生ジョッキ缶~

 Z6 + NIKKOR Z 70-200mm F2.8/S VR + SB700, ISO 100, F2.8, SS 1/100 sec 

f:id:tatsumo77:20210416053057j:plain

左からスーパードライ・ドライゼロ・ビアリー・生ジョッキ缶

2021年4月にちょっとだけ話題になったビールがありましたね。そうです、Asahiの生ジョッキ缶です。こちらはプルタブを引くと缶の上が全てオープンになる構造をしています。

Z6 + NIKKOR Z 20mm F1.8/S, ISO 100, F 2.0, SS 1/100 sec

f:id:tatsumo77:20210416053345j:plain

上から見るとこんな感じです。缶の上、全体がオープンになります。

そして実際に開けてみると、、、

f:id:tatsumo77:20210417152914j:plain
f:id:tatsumo77:20210417152942j:plain
f:id:tatsumo77:20210417153009j:plain
缶の上に注目!

f:id:tatsumo77:20210417153759j:plain

このようにがっつり泡立つ仕組みになっています!

ちなみに味なんですが、普通のスーパードライと思いきや、なぜかすごくおいしかったです。全く缶のアルミ臭い感じもなく麦の香ばしさが強くて驚きました。新製品だからたまたまなのかなぁ。ネットでは「品切れ商法なんじゃないのか」という穿った意見も眼にしましたが、素直にギミックが面白いし味が良いので売れていても納得できましたよ~ ^^

Z6 + NIKKOR 20mm f1.8/S, ISO 100, F 1.8, SS 1/100sec

f:id:tatsumo77:20210416081327j:plain

ちなみにこちらは度数0.5%のビール。コンビニでたまたま見かけてドライゼロと何が違うんだろうと思いましたが、実際に飲んでみるとドライゼロと比べてずいぶんまろやかでした。もちろん0.5%という度数ですから、刺身などなまものに合わせるほどではないですけども。

f:id:tatsumo77:20210416081502j:plain

ちなみにドライゼロは個人的に非常に世話になっています。自分はお酒は週に3回までにしていますが、飲まない日のゴキゲンなお供であります ^^

 

~京都醸造

最近いろんなところで見かけるブルワリーさんです。成城石井などのスーパーや東京駅のような大きな駅の酒屋さんで眼にします。そのコンセプトはアメリカンとベルジャンの融合だということです。

Z6 + NIKKOR Z 50mm f1.2/S + SB700, ISO 200, F2.2, SS 1/125 sec

f:id:tatsumo77:20210416081629j:plain

なのでベルギービアウィークエンドグラスで頂きました!

<一期一会>

定番品ですが完成度高い。NZホップを使用した酸味のきいたセゾンですが確かにアメリカンPAのような要素も!近代風セゾン、京都醸造飲むの初めてならこれですね!

<一意専心>

これも定番品です。コンセプト通り通りベルギーとアメリカの融合を体現したHazyオレンジ色のビール。センテニアルとカスケードのGFやオレンジ感がビシッと聞いていてアメリカンPAのようですが、こちらは後味がベルジャン特有のドライな味わい!

<緋毬>

Z6 + NIKKOR Z 50mm f1.2/S, ISO 100, F 1.4, SS 1/80 sec

f:id:tatsumo77:20210417160511j:plain

京都醸造さんは限定品も意欲的に作っています。緋色の毬花 (= ホップの和名)、つまりベルジャンレッドIPAということですね!?そう思いながらラベルを見たら書いてありました、わかる人にはわかります (笑)

Z6 + Carl Zeiss MakroPlanar 2/100mm + SB700, ISO 100, F 5.0, SS 1/160 sec

f:id:tatsumo77:20210417160618j:plain

こちらも非常にローストされた麦の香ばしくも爽やかレッドIPAですがベルジャンレッドの血も生きていて、美味しかった。

<総評>

京都醸造さんはホッピーで近代的なアメリカンのテイストを楽しめつつ、ベルジャンと高いレベルで融合しています。マニアックな酒屋さんでなくても結構眼にしますので、ぜひ買ってみてグラスで飲んで欲しいです (`・ω・´)b

 

 

〜伝説エルドラド〜

f:id:tatsumo77:20210416081939j:plain

もう書きたいことはほとんど書いちゃったんですが、最後におまけに富士桜高原のビールを1本紹介です。この醸造所さんは最近、ホッピーなヘイジーヴァイツェンという分野を開拓しつつあります。こちらはEl Dradoという個人的に好みのホップを使用したヴァイツェンです。ヴァイツェン特有の小麦のエステル感を纏ったエルドラドの梨っぽいホップの風味は見事でした ^^

<起死回生 タラス>

こちらはタラスのシングルホップなヘイジーヴァイツェン。El Dradoよりは淡麗な味わい。しかし、みずみずしさの中に小麦の香ばしさを纏った華やかさを感じられてほのやかなホップ感を楽しめました。

<一路平安>

なんとネルソンを使用したヘイジーヴァイツェン!これは絶品!ヴァイツェンエステル感にネルソンの酸味が合うのなんのって!!


 

~おわりに~

今回はジャパニーズビールを中心にお送りしました〜。Asahiスーパードライのジョッキ缶はなかなか面白いギミックでしたし美味しかったので、また販売されたら買ってみたいと思います!さてさて、2回連続ビール記事にしちゃったんで次回はちゃんと写真ブログらしいこと書きますからね ^^;

それでは今回はここで失礼いたします m(_ _)m 

f:id:tatsumo77:20210417153759j:plain

f:id:tatsumo77:20210417160511j:plain