Circulation - Camera

巡る季節を写真に残す! ~Since 2017-05-01~

2022年11月8日 皆既月食・天王星食

StarStaX_DSC_0572-DSC_0612_lighten-2

こんにちは、Circulation - Cameraです。もう11月も終わりですね!今年の11月は皆既月食天王星食が同時に観察できるというレアな天体ショーがありました。自分はこの時、仕事だったのですが、仕事場の会議室の窓からちょうど月が見える状況でしたので誰も居ない会議室に三脚立ててオート撮影させていました (笑)

 

〜How to shoot?〜

焦点距離

この手の写真を撮ったのは初めてでしたので設定は結構考えさせられました。悩みましたが試し打ちしてみるとさすがに50-100mmでは月が小さくなりすぎ、200mm以上だと写る月の数が少なくなってしまう感じでした。最終的にある程度月を大きく写してあげたくて200mmを選択しました。

※結果、D850 + AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VRで撮影!

<カメラの設定>

三脚にセットしてピントはマニュアルで設定し手振れ補正はoffしてホワイトバランスは晴天を選択。ここまではいつもの星景写真と同じ。問題は露出の設定でした。月食状態の月はかなり暗いです。肉眼ではほとんど見えないくらいでしたよね?

ISO 8000, F 5.6, SS 1/20 secで撮影するとこんな感じになります。

この設定で普通の満月を撮影したら当然盛大に白飛びします。さすがに途中で露出は変更するしかないと判断し、

・前半 (左下半分):ISO 4000, F 5.6, SS 1/40 sec

・後半 (右上半分):ISO 800, F 5.6, SS 1/100 sec

このように途中で設定を変えました。

<インターバル>

これもいろいろと試したのですが、だいたい2分毎に撮影すると月がちょうどいい感じに重なるようでした。完全に重ならないようにしたければ3分毎に撮影すれば良さそうかな。で、帰宅してから比較明合成して出来上がりです♪

StarStaX_DSC_0572-DSC_0612_lighten-2

 

~おわりに~

ということで今回は11月8日の皆既月食で撮影した写真でした!普通に月をアップで撮影するだけでは面白くないと思ったので経時的変化を表現したくこういう写真にしてみました。実はインターバル撮影って初めてやったんですよね。うまく作動してくれて良かったです💦

ちなみに今回久々にD850を使用しました。200-500mmをアダプターなしで使用したかったからなんですが良いカメラですね~。Z 9とZ 6Ⅱが非常に優秀なのでめっきり使用頻度が減ってしまいましたが、さすがは元一番の相棒です ^^b

さて、早いものでもう1か月で2022年も終わりですね!

それでは今回はここで失礼します。

 

~関連リンク~

2021年は9月に横浜ベイブリッジと満月のコラボ写真を撮影しました。手持ちで夜の風景写真というチャレンジングな回でしたが結構うまくいったと自負しています♪

2020年は10月にスカイツリーと満月のコラボ写真を撮影。このときはD850と200-500mmという今回と同じ機材でしたね!

tatsumo77.hatenablog.com

 

【カメラの考察】手振れ補正 ~それ、役に立っていますか?~

こんにちは、Circulation - Cameraです。今回は手振れ補正という機能について考察してみたいと思います。手振れ補正は今や多くのカメラやレンズに実装されている機能です。ブレてキレのない写真はかなり残念な感じになります

例えば上の写真、一見問題なさそうですが、拡大するとこんな感じにブレています。典型的な手振れ写真ですね。

これをカメラ側が抑制してくれるというのはありがたい話でございます。でも、実はあまり必要のない場面が多かったり、その真価を発揮できていない場面も少なくありません。ということで今回のテーマは「手振れ補正」です。

手ぶれ補正をオンにしていても役に立っていない場面もたくさんあるのです。ちょっと長い記事になりますが、興味のある方はよろしければ時間のある時に読んでやってくださいませ。それではよろしくお願いします m(_ _)m

続きを読む

My Voigtlander, Ultron 2/40mm

こんにちは、Circulation - Cameraです。最近になってNIKON Zマウントにもいわゆるサードパーティレンズが参戦してくるようになりましたね。今はTAMRONコシナがZマウントレンズを出しております。最近はSIGMAも参戦してくるのではないか噂になっていますね!

シグマが2023年に多数のZマウントレンズを発売する? - デジカメinfo

個人的にはコシナ・Voigtlander (フォクトレンダーと読みます) はこんなに早く参加してくれると思っていなかったので喜んでいます。Macro Apolanther 2/65mmとか、か〜なり興味あります!まぁ、今はレンズシステム的に間に合っていますしキャンプ用品を買うのに忙しいのですぐには買わないですけど。。。

いろいろと物入りでして ^^;

まぁ、その話は置いておいて、そんなVoigtlanderのレンズを自分も2つほど所有しています。サードパーティ参入のニュースに心動かされて、久々に持ち出してスナップしてきたのでアップしてみますね〜♪

 

~Ultron~

Z 6Ⅱ + Vogtlander Ultron 2/40mm, ISO 100, F 2.0, SS 1/1600 sec

とりあえず北鎌倉を散歩してきました!

Z 6Ⅱ + Vogtlander Ultron 2/40mm, ISO 100, F 4.0, SS 1/250 sec

続きを読む

【富士山登山 後半】山頂編

こんにちは、Circulation - Cameraです。前回は命からがら登頂したという話でした。

いや、本当に死ぬかと思った。

弾丸登山はしちゃだめですね。特に八合目 (3200m~) あたりからは慢性的な低酸素で吐き気と胃のむかつきと動悸と脳貧血でやばかったですね。富士山って3000m級なんて言い方はもうしません。3000mと3600mの間には非常に大きな隔たりがあることを骨身に染みるほど教えられました

m(_ _)m < ごっつあんです。。。

Z 6Ⅱ + NIKKOR Z 20mm F/1.8 S + Kenko ProSofton, ISO 1600, F 1.8, SS 15 sec

DSC_0412

とはいえ、台風に影響され天気があまり読めない中の登山でしたが、結局雨に降られるどころか星空さえほぼ無意識の中でですが撮影できて良かったです ^^b

 

~山頂にて~

Z 6Ⅱ + NIKKOR Z 20mm F/1.8 S, ISO 400, F 5.6, SS 15 sec

こちらが山頂からの景色!

壮大ですね ^^

雲の切間から見える街明かりの小さいこと💦

Z 6Ⅱ + NIKKOR Z 24-120mm F/4.0 S, ISO 200, F 4.0, SS 1/4 sec

DSC_0483○

こういう写真撮りたかったんですよね (・∀・)💡

山頂の鳥居と登山客のシルエット越しの雲海!

( ̄▽ ̄) < ほぼイメージ通り撮れて満足

あ、もちろん山頂は寒いです!風を遮るものもありませんし、9月1日でも夜明け前は5度くらい。体感では0度くらいだったです。もちろん、防寒対策はばっちりしていきましたから、快適に過ごせましたけどね。

続きを読む

霜月の朝

RICOH GRⅢx, ISO 640,  F 5.6, SS 1/40 sec

R0000347○霜月朝

こんにちは、Circulation - Cameraです。11月になってがっつりと冷え込むようになりましたね。こちらは山中湖の近くで撮影したショット夜明け前、朝霧をまとった富士山と冷えたススキ原の様子に厳粛さを感じました。

続きを読む

ビール備忘録 その70 ~箕面コラボビールとCamp Holic~

こんにちは、今回で第70回のビール備忘録記事です。今回はまずは大阪の箕面ビールさんのコラボビールを2作品ご紹介です。

Z 6Ⅱ + NIKKOR Z 20mm F/1.8S + SB700, ISO 100 F 2.2, SS 1/100 sec

続きを読む