Circulation - Camera

Since 2017-05-01

東京の五月晴れに泳ぐ鯉のぼり! ~メイキングも公開します ^^~

Z6 + NIKKOR Z 20mm f/1.8 S, ISO 160 F 13.0, SS 1/640 sec

DSC_3685 with sig

今回は5月の青空に泳ぐ鯉のぼりと東京タワーをコラボさせてみました!イメージ通りに撮影できましたし、まずまずの完成度になってくれたのではないかと思います。

(`・ω・´) < 自分で言うなって...

( ̄▽ ̄;) < まぁ、面白みは無い写真かもしれないけど...

( ̄▽ ̄;) < 一枚絵としては小奇麗にまとまってるでしょ?

せっかくなのでこの写真を撮るときに考えていたことを自分の復習がてら記事にしてみます♪

 

~構図~

鯉のぼりと東京タワーは実は去年も撮影しましたので、超広角レンズが相性良いことは知っていました。この日は最近新しい20mmレンズを手に入れたので、せっかくなので持っていきました。真下から煽るように、東京タワーと鯉のぼりを構図に配置しました。なるべく余計なもの (この場合、東京タワーと鯉のぼり以外のもの) が入らないように意識しています。特に広角系のレンズを使うときは四隅が疎かになりがちなので要注意ですね💦

f:id:tatsumo77:20200530213712j:plain

また、太陽が東京タワーから見えるギリギリに配置することで大きな光芒が出るように意識しました。ゴーストが出にくいようにプロテクションフィルターは外して撮影しております。

 

 

~カメラの設定~

非常に強い逆光でしたからカメラの自動露出機能に期待できないと考え、マニュアルで露出を設定しました。明るさは充分ですから、とりあえずISO感度は100に設定してF値は光芒を目立たせるためにF13を選択。結果的にSSは1/500 secと程度となりました。あまりSSが遅いと鯉のぼりが被写体ブレしてダサいので、この点は注意して、念のためISO 160にしてSSは1/640 secとしました。

( ̄▽ ̄;) < この小心者が。。。

f:id:tatsumo77:20200530210259p:plain

このSSならば手振れ補正はあっても無くても良いと思いますけどonのままで撮影。また、SSがそこそこ速いですし、超高画素機でもありませんのでシャッターショックの影響も目立つまいと考え電子先幕は使用しておりません。

ちなみに「露出はどこにあわせるのか」という点ですが、RAW現像が前提なので、東京タワーは多少露出アンダーにして後から立ち上がらせる方針として、空に露出を合わせました。

f:id:tatsumo77:20200530213441j:plain

JPEG撮って出しの段階ですと、空以外はアンダーになりますが構いません。

ホワイトバランスは後からも調整できますが「晴天」を選択しました。

 

 

~タイミング~

下から仰ぐ構図で光芒をしっかり出したかったので、太陽がある程度高い時間帯を選択!午後になるとほんのりと環境光が赤味を帯びてきますので、東京タワーの赤と空の青さを対比させたかったので午前中の遅めの時間を選択しました。

この写真でもう1つタイミングとして意識したのは鯉のぼりの動きです。良い感じに風にたなびいてくれているタイミングを逃さないように何枚か連射して、躍動感のあるショットを選定しました。

f:id:tatsumo77:20200530214018j:plain

例えば、こんなタイミングですとなんだか元気ないでしょ? (笑)

 

 

~RAW現像してみよう!~

f:id:tatsumo77:20200530214325j:plain

さて、こちらが得られたJPEG撮って出しの写真です。逆光ゆえに彩度が低いことや東京タワーが露出アンダーなのが気になりますね。まずは難しいことは抜きにシャドウを持ち上げてみましょう。現像ソフトはLight Roomを使用しています。

スクリーンショット 2020-05-30 21.18.42のコピー

これだけでもだいぶ見やすくなりましたね ^^

ハイライトは少し下げて光芒の残ったディテールを炙り出すようにしました。続いて空の鮮やかさを出すために「自然な彩度」を少し調整していきます。

スクリーンショット 2020-05-30 21.26.34

あまりやりすぎるとギットギトになって爽やかさが損なわれますし不自然になるのでホドホドにします。記憶色と記録色の妥協点を探しと言ったところでしょうか。

Z6とNIKKOR Z 20mm f/1.8 Sの組み合わせで得られたシャープな画質は満足いくものでしたので、シャープネスの項目や「かすみの除去」は特に調整していません。

ただ、F13まで絞っていますので撮像素子のゴミが目立ちますね (笑)

スクリーンショット 2020-05-30 21.28.19

これは一個一個消していきます (`・ω・´)b

最後に、シャドウを持ち上げたことで東京タワーがノイジーになったのでノイズ除去していきます。

<Before>

f:id:tatsumo77:20200530215012p:plain

<After>

f:id:tatsumo77:20200530215029p:plain

ざらつきがメインで偽色はあまり気にならなかったのでこれでノイズ除去は終了としました。

だいたいこれで出来上がり〜。

f:id:tatsumo77:20200531063809j:plain

あとはPhotoshop的なソフトで明るさだけ調整して完成です ( ̄▽ ̄)b

 

 

~完成!!~

Z6 + NIKKOR Z 20mm f/1.8 S, ISO 100 F 13, SS 1/640 sec

DSC_3685 with sig

 

 

おわりに~

ということで、この1枚を撮影するのに考えていたことを文字に起こしてみましたら、こんな記事になりました。

もっと上手な人が撮ればもっと上手に撮れるのかもしれませんが、光芒が美しく逆光耐性もよろしいこの超広角レンズの特徴を活用できたように思いますし、現場にいた自分のイメージ通りに撮れたのでとりあえず満足です♪

なにぶん自己流ですし、リアルにあまり写真に詳しい友人もいませんので、「ここもっとこうした方が良いですよ」とか「現像するならここも調整してみたら」とかございましたら是非ご意見いただきたいです!

それでは今日はこの辺で失礼いたします m(_ _)m