Circulation - Camera

Since 2017-05-01

【後編】忘れられない夜 ~嬬恋&美ヶ原の星空~

こんにちは、Circulation - Cameraです ^^

 

前回は嬬恋村の星空をご紹介しました。

DSC_1225_00001のコピー


今回は、嬬恋で撮影した後に

さらに車を走らせて向かった、

美ヶ原 (うつくしがはら) の星写真をご紹介です ^^

 

もう始めに言ってしまいますが、

自分にとって最&高な夜でした。

 

深夜の美ヶ原はあまりに非日常的で、

まるでこの世ではないような感覚に

浸ることができました ^^

まさに忘れられない夜 (´▽`)

 

あの感動を写真と文章でばっちり

伝えきれたら良いのですが、

そこまで自信が無い自分が不甲斐ない ^^;

 

でもせっかく頑張って撮ってきましたし、

一枚ずつ多少は解説してお送りしますので、

今回もよろしければお付き合いくださいませ m(_ _)m

 

 

~嬬恋から美ヶ原へ~

嬬恋村のある群馬県から、長野県に移動です。

だいたい70kmくらいの道のりです。

f:id:tatsumo77:20190205181628p:plain

 

こちらは途中に出会った高速道路と星空です ^^

DSC_1266

雲一つない星空の下!

嬬恋での撮れ高もよかったので上機嫌♫

深夜という時間帯も相まって

ハイテンションな一人カラオケ

快適なドライブでした ^^

 

 

~到着、美ヶ原~

1時間半ほど車を走らせて、

午前1時、美ヶ原到着です!

その標高は2034m!

(・∀・) < ついに来たぜ、美ヶ原!

 

さぁ、駐車場に車を停めて、

ここからは歩きです

 

スタート地点は赤い矢印で指したところで、

目的地は白い矢印で示したところ!

f:id:tatsumo77:20190205182252p:plain

距離にしておよそ2-3kmといったところでしょうか?

 

 

~星灯りの中を孤独に歩く~

深夜でしたが実を言うと途中までは、

星空を見に来た人たちが結構いました。

(`・ω・´) < ちょっと意外でした💦

しかし、1km弱を超えたあたりから、

全く誰もいなくなりました

 

昼間はこんな景色の美ヶ原ですが、、、

f:id:tatsumo77:20190205182612p:plain

※画像引用:Google map

夜はこんな感じ!

DSC_1352_00001のコピー

一人、真っ暗な道を歩きます。

ヘッドライトを消したら道はほぼ見えません💦

時々ヘッドライトを消して歩を進めると、

星空 (と電波塔) 以外は何も見えなくて、

まるで宇宙空間にいるような気分でした (´▽`)

 

 

~ふと横を見ると、、、~

ふと横を見ると、下界には雲海が広がっていました!

Σ(・□・;)

D850 + Carl Zeiss Milvus 2.8/21mm, ISO 1600, F 2.8, SS 13 sec

DSC_1270_00001

以前あれだけ苦労して見に行った雲海が、

当たり前のようにそこにある。。。

 

是非、皆様もイメージして下さい ε-(´∀`; )

・時刻は午前2時、標高2034mの真っ暗な道。
・自分以外に誰もおらず、無音。
・薄くて澄んだ空気の気温はマイナス2度。
・空を見上げれば満天の星空。

そしてふと横に目をやればこんな景色!

utsukushi1のコピー

異世界か!

上の写真を撮るために長時間露光していたので、

明かりを消して、しばらく空を眺めていました。

 

さぁ、撮影が終わりましたので三脚を抱えて、

上の写真にも写っている電波塔を目指して

再び歩き始めました (`・ω・´)

 

 

~目的地到着!~

駐車場から歩くこと合計45分くらい。

最後の急こう配に苦しみながらも遂に到着です。

ここです!

この電波塔を撮りたかったんです。

D850 + Carl Zeiss Otus 1.4/28mm, ISO 800, F 2.2, SS 13 sec

DSC_1319 2のコピー

 

 

~モノクロで~

ここに来る前の下調べ段階から私は、

「絶対にモノクロも似合う!」

と思っていましたが、予想通りです。

DSC_1343_00001のコピー2

いや、予想以上です!

あぁ、たまらん!すべてが美しすぎる!

さすがうつくしがはら!!!

澄んだ薄い冷たい空気に静寂。

聞こえるのはシャッター音のみ!

あぁ、贅沢の極み!!!

D850 + Carl Zeiss Milvus 2.8/21mm, ISO 3200, F 2.8, SS 13 sec

DSC_1886_00001のコピー

ロケーションの良さは間違いないですが、

事前にGoogle Mapとかで下見して、

モノクロ選択して正解だったように思います💡

無機質な電波塔はモノクロにすることで、

かえって造形が際立ちますよね ^^b

 

 

~雲海も~

そしてそんな見事なロケーションで、

さらに横に目をやったら、

雲海も健在なんですもの💦

た、たまらん…  ( ;´Д`)

 

ソフトフィルターをかけて、

ちょっとふんわりと仕上げてみました。

D850 + Carl Zeiss Otus 1.4/55mm (+ kenko prosofton), ISO 640, F 2.0, SS 13 sec

DSC_1336_00001のコピー

名残惜しかったですが、午前3時頃になると、

さすがに寒さが身に染みてきました ( ̄▽ ̄)💦

帰りも1時間弱暗い中を歩くので、

力尽きてはまずいと思い、下山することにしました。

 

最後にソフトフィルターを装着してパシャリ♪

D850 + Carl Zeiss Milvus 1.4/25mm (+ kenko prosofton), ISO 640, F 2.2, SS 15 sec

DSC_1326_00001のコピー

 

その後、こんな星の下の道を時々立ち止まりながら、

ゆっくり歩いて駐車場まで帰りました ^^

北斗七星が綺麗に見えていますね♪

D850 + Carl Zeiss Milvus 1.4/25mm (+ kenko prosofton), ISO 1000, f2, SS 15 sec

DSC_1356_00001

  

 

 

~おわりに~

ということで、2回に渡って嬬恋と美ヶ原の写真をご紹介しました。

DSC_1255_00001のコピー

嬬恋も大変良かったのですが、

美ヶ原は思い出すだけで、

ぞくっとするような体験でした。

 

もはや夜中に撮影することは、

自分にとって珍しいことではありませんが、

ここまでの経験はなかなか無い!!

 

山歩きをしょっちゅうされる方々には、

良くある経験なのかもしれませんが、

自分にとってはまさに、

「忘れられない夜」でした (´▽`)

 

こんな景色に出会うことができて、

つくづく写真が趣味で良かったと思います。

これからも絶景に出会うために撮影を頑張ります。

それではまた次回お会いしましょう ^^

utsukushi1のコピー

DSC_1343_00001のコピー2

 

 

 

~関連リンク~

別の機会に撮影した雲海写真です ^^

今回はいろんなバリエーションの写真を撮りたかったのもあって、あまり星の軌跡は撮りませんでしたが、そういうのも時々撮っていますよ♫

そういえばマチュピチュも標高2000mくらいでした💡

結構前のことですが、南米旅行記事です。